旅行三昧 グアム・ラスベガス

実際に体験した旅行の感想をご紹介します。
専門家ではないので詳細は書けませんが、実際に初めての体験の感想を書いていますので、同じようにこれから初めて行かれる方には参考になるのではないかと思います。
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ランス・バートン【ラスベガス/ショー】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

ショーを唯一見るなら、ランス・バートンがいいと書いてあるサイトがあった。
ランス・バートンは世界でも有名なマジシャンということだったが、私は知らなかった。

日本から予約はしてなかったが、泊まったホテルが、たまたまランス・バートンのショーの会場があるモンテカルロだった。
チケット売り場の前を通った時に、ダメもとで、今夜のチケットがあるか?と訊ねた。
「あるよ」とのこと。
じゃあと、購入することにした。

ラスベガスでは、人気のあるショーは、夕方から2回公演がある。
1回目は6時30分〜7時30分の間。2回目は10時〜10時30分というのが多い。

その日、私は10時30分からの「オー」を予約してあったので、6時30分のショーを申し込むことにした。
初日からショーのはしごをすることになったというわけだ。

当日券にも関わらず、席は前から4列目。中央からは少しはずれていたが、端というほど端ではない。

ラスベガスにはショーのチケットの安売り屋というのもあるが、私が見た時は、ランス・バートンはそこではsoldoutになっていた。
もしかして、ガラガラなのかなぁと思っていたが、空席はなく、ほぼ満席状態だった。

語学は必要ないということだったが、客を上手にからかったりしていて笑いをとっていたので、理解できたら、もっと楽しめたのにとは思えた。

正直、そんなには期待していなかった。
子供だましのモノばかりなのだろうと思っていた。
手から色々なモノが出てきたり、箱の中の人間が消えたり……。
そういうのもあったが、見せ方が上手と、もうひとひねりあって驚かされた。
あまり書くといけないが、えっ、何で、中からランス・バートンが――? てことは、こっちのランス・バートンは? うわっ?! 箱の中に入った黒人女性じゃん。
ランス・バートンは実は3つ子というぐらいのモノしか私は種を思いつけなかった。
他にもクルマを舞台から消す、それも空中浮遊させてという、とんでもない大仕掛けのマジックもあり、最後はみんながそうしたからということもあるが、立ち上がって、拍手を送っていた。

ハンサムだし、語り口調も――意味はわかってないが、滑らかで、トークも上手(に違いない)。
途中に出てくる女性アシスタントはみなキレイで、ダンスもカッコイイ。構成も笑いあり、緊張ありと、飽きさせない。
超一流のエンタテイナーを見たという感じがして、大満足だった。

3歳から入場可能で、子供は舞台にあげて、マジックをやってくれるので、子供連れには特にお勧めである。
スポンサーサイト
- | 09:30 | - | -
コメント
コメントする