旅行三昧 グアム・ラスベガス

実際に体験した旅行の感想をご紹介します。
専門家ではないので詳細は書けませんが、実際に初めての体験の感想を書いていますので、同じようにこれから初めて行かれる方には参考になるのではないかと思います。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 

RECOMMEND
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
申し込み【グアム家族旅行】
今回の旅行は8月に計画、HISに行った時は、キャンセル待ちという状態でした。
9月になっても連絡なし。

無理なんだろうなぁ。

もしかして、飛行機会社がやっている旅行会社だったらどうなんだろうと、ホームページを開き、ツアーの申し込みをしてみると、なんと入るではないですか?!
連休なので、あきらめていたんですが、まさかです。

翌日には予約確認のメールが届きました。

1ヶ月以上前から満席だったはずなのに……。なんかの間違いではないかと、直接、旅行会社に電話、確認したところ、家族4人、ちゃんと取れているとのこと。

裏ワザというほどのことではありませんが、飛行機会社の直は席に余裕があるのでしょうか。
料金も少し安い気がしました。

↓ 申し込んだのはこちらです。 ↓
コンチネンタル航空で行く海外旅行サイト「コンチネンタルホリディ」


↓今回は利用しませんでしたが、旅行先によってはこれもいいかも↓
ノースウエスト航空で行く海外旅行専門サイト「ノースウエスト ワールドバケーション」


↓タイ国際空港がやっている旅行会社はこちらです。↓
ロイヤルオーキッドホリデイズで旅をアレンジ!!
シーウォーカー【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

オーシェンジェットクラブに行って、聞いたスケジュールは13時。
終ったらそのままホテルに送るので荷物をまとめておけという説明。じゃあ、オーシェンジェットクラブに滞在した時間はかなり短めということになります。

車で連れて行かれたのは午前中にパラセーリングをした場所のすぐ近く、フィッシュアイ海中展望塔のところです。
ここで、カヤックやシュノーケリングの道具を貸してもらえるということでしたが、シーウォーカーをしに来たのに――と不思議に思っていたら、理由がすぐにわかりました。
順番に潜っていくので待ち時間がかなりあるのです。
1ダイビングに8人ずつぐらいが海の中に。その人たちが上がって来るまで他の人たちは暇なので、カヤックやシュノーケリングして時間をつぶしなさいということです。
小雨がずっと降っていてかなり寒い。
地上よりむしろ海の中の方が暖かいということで、みんな、海の中にお風呂のように使っていました。
さすがに潜るポイントだけあって、シュノーケリングだけでもかなりの魚が見えましたよ。
ただ深さが10メートルぐらいはありそうだったので、子供は恐くないのかなぁと心配してましたが、平気そうでした。
もちろんライフベストはつけてましたので、必ず浮くのですけどね。

かなり待ってようやく自分たちの順番に。
ひとりずつ肩にパットのような緩衝材を乗せられ、へりについた階段から海の中へ。海に入る時に、ヘルメットをかぶせられます。
どんどん、どんどん階段を降り、水中へ。
途中で何度も耳抜きをし、海底到着。うまく降りられない人には、インストラクターが後について降ろしてくれます。
ヘルメットには地上につながる空気を送り込むチューブがついていて、説明通り、そのヘルメットをかぶっておけば、地上にいる時みたいに普通に息ができます。
私はダイビングの経験も少しあるのですが、ダイビングの水中メガネよりも視野が広いですし、潜水艦よりもリアルで、迫力がありました。
息子はメガネをかけたまま、これもOK!
耳抜きが苦手な人は、ヘルメットの下から手を入れて、鼻をつまめと言われていたので、娘は何度も手を入れて鼻をつまんでいました。

海の中では言葉が通じないので、インストラクターから指や手を使った指示が出ます。
膝をついて座りなさいとか、歩きなさいとか。
写真を何枚も撮られ、ビデオもまわされています。

私たち家族は私が先頭、息子、娘、妻という順番に降りていきました
子供たちが心配で見てましたが、問題なく降りてきました。

海底にバーが固定されていて、それを伝って歩いていきます。深さはどうでしょうか、10メートルぐらいなのかな。
途中の魚が多いところで止められ、手を出させられ、その手の中にインストラクターが餌を入れてくれます。その餌を魚たちが食べに来るというわけです。
そんなこんなをして約20分の水中体験です。

海からあがると、今、海の中で撮ったばかりのビデオを見せられ、注文開始。そこは商魂逞しいところ。
でも、子供たちがもの凄く喜んでいたので、つい親バカで、写真とDVDと全部買っちゃいました。あわせて240ドルぐらいしたかな。
写真とDVDは夜にホテルに届けてくれます。
家帰ってからDVDを早速見てみましたが、ただ水中で撮ったモノだけでなく、グアムの風景や、別に撮影した海の様子なども編集されていました。逆に言えば、そういったビデオの中に自分たちの撮影された様子を差し込まれたモノといった方が正確かもしれませんが。VHSでもCD-ROMでもDVDでもできるということでしたが、私はDVDを選択しました。

子供たちはホテルに帰ってからも、ふたりで、海の中でインストラクターに出された指の指示を二人でやりあってました。
よっぽど楽しかったようですよ。
写真を見たら、恐がりの娘も笑ってましたので、良かったです。

是非、一度ご体験を。

パラセーリング【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

ウチの子供は恐がりなので、パラセーリングは無理かなぁとも思ったのですが、折角の機会だし、きっといい思い出にはなるはず。
てことで、私の独断で申し込み。
「なんて言うの?」と妻には途中で迫られましたが、黙ってつれてっちゃえ。
11時にパラセーリングをやる港まで車で連れて行かれます。
そこからボートに乗り、沖へ。
この沖に出るまでのボートがかなり揺れる。
これだけでウチの下の子供8歳は悲鳴。
これは乗せてもらえないかも。
「じゃあ、お嬢ちゃんとお父さんから」と呼ばれました。
インストラクターは現地の人たちで、日本語はいくつか単語を知ってる程度です。言ってることもよくわからないし、娘としたら、それだけで恐いのかもしれません。
何とか、3段ぐらいのステップをあがり、船の後部へ。そこで腰にまいた何ていうでしょうか、ブランコの下みたいな部分のフックをかける。
その後、私が行き、娘のすぐ後でフックをかける。
かかったと思った瞬間、もう空にあげられてました。
「コワーイ!!」
娘は絶叫。
途中でパニックになって、フックでもはずしやしないかと、ちょっとヒヤヒヤして、娘の手の上を握っていました。
という私も実はパラセーリング初体験。
えっ、こんなに高くまであげられるの?という感じです。

なめてました。
10メートルぐらいのことかと思っていた。
とんでもありませんでした。
その時の風の具合なのか、私の後にやった妻と息子チームはすんなり上がって、空の上の方が揺れがなくて、恐くなかったと行ってたのですが、私たちは低空で飛んでたかと思うと、いきなり上昇したり、強めの風で揺れたりして、娘同様、私も結構恐かったです。
でも、娘の「やりたいなんて言ってないのにー!!」という声を聞き、笑ってしまいました。
結構、余裕あるじゃん。
降りたら、笑ってました。
感想としては、思ったより高く、思ったより長いということ。
途中でもう降ろしてくれていいんだけど――と思ったんですが、言葉が届くはずがありません。
でも娘との貴重なフライト体験。ちょっと恐い思いをさせてしまいましたが、いつまでも覚えていてくれたら嬉しいものです。
オーシャンジェットクラブ【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

1回目のグアムはアルパンビーチクラブに行ったのですが、2回目の10月はオーシャンジェットクラブに申し込みました。
理由はシーウォーカーがついたのがコレしかなかったこと。
前日に申し込めたらよかったのですが、天候がどうなるかわからず、当日朝、雨が降ってないことを確認して電話しました。
何でもできるオーシャンアドベンチャーパックを頼んだのですが、朝8時過ぎだというのに、今からでは全部できないということで断られました。
仕方なく、シーウォーカーとパラセーリングがついたccパックを申し込み。
大人125ドル。子供95ドルでした。

迎えが9時過ぎに来て、場所はアルパンビーチクラブのすぐ横まで移動。
スケジュールと簡単な説明を教えてもらいます。

アルパンビーチクラブよりも、スタッフのノリがいい感じがしました。
写真をやたらと撮られ、子供がひとりで歩いていると、呼び止めて撮影するのはちょっと参りましたが、それでも雰囲気はいい。

今思うと、ウエイクボードをやってみたかったかなぁ。
ハイアットリージェンシーホテル【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

2日間泊まったアウトリガーから、3日目の夜はハイアットリージェンシーホテルにお引越しです。
荷物散らかしたままにして、そのままハイアットの部屋まで運んでくれるというサービスがあったらいいのですが、それはなし。
自分で荷物をまとめなければいけませんでした。

ハイアットリージェンシーは一言で言えばゴージャス。
アウトリガーと比べると新しくてキレイです。

部屋の間取りがちょっと変っていて、バスルームにかなりの広さがあり、シャワールームもありました。これが海からあがってきた時にはかなり便利。バスタブの横の部屋側の窓は開き、開放感があります。これがオープンバスルームというヤツなのでしょうか?

もらった夕食のチケットは、洋食ブュフェ、和食、イタリアンの3箇所から選べるというもの。
子供がいる家庭はどうしてもブュフェになってしまいますね。
デザートが二十何種類もあり、みんな、興奮していました。
バイキング形式はよくいきますが、ここではじめて見たのは、シャブシャブ。自分でうどんやラーメンをゆがくヤツみたいなのに入れて、シャブシャブします。

失敗したのは朝のチケットが使えるのも、この洋食ブュフェだったこと。
そうだったら、イタリアンにしといてもよかったのに〜と後悔です。

プールはかなり広く。迷子になりそうなぐらいです。
宿泊者はフロントに行くと、チケットがもらえ、そのチケットで入場者の印の腕輪、貸しタオルがもらえます。
下の身長120センチぐらいの子供には、足がつかないところが多く、日本のことを思うとかなり深めに作ってあります。

プールのすぐ横のチャペルでは結婚式をやっていて、しばし見ていました。


プールのすぐ向こうにあるビーチはアウトリガーと同じで有料。多分料金は同じぐらいでしょう。


ホテルの一階にはかなり広めのショッピングモールがあり、安いTシャツから、高級ブランドまで揃っていました。ここだけでもかなり時間を過せました。

地図からするとホテルのすぐ斜め前がタモンサンズプラザで、すぐ前にABCストアや射撃ができるところなんかがあるのですが、ホテルがでかく、特にフロントまでが傾斜があるので、ちょっと元気がないと出て行こうという気にはなりません。
年配の方は近くからもタクシーを使ってました。
そういえば、すぐ前の広場では、一気に70メートルまで飛び上がる逆バンジー?とかいうアトラクションがあり、日本人のカップルがやってました。
かなり恐そうでした。

他のホテルに比べて値段はかなり高めですが、値段だけのことはあるホテルでした。
アウトリガーホテル【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

今年2回目のグアム旅行となる10月は、はじめからアウトリガーホテルに泊まると決めてました。
前に来た時に、アウトリガーホテルでランチを食べたのですが、まずもって美味しかったし、そのレストランのすぐ外に快適そうなビーチが見えたからです。

この上ならば、グアムをかなり満喫できそうだなぁ。
ということで、2回目ははじめからアウトリガーを指定したコースにしました。

泊まってみて、やはり嬉しいのは、部屋からエレベーター降りて、フロント抜けて、すぐがショッピングモール。1階にはABCストア、通りを渡ればDFSギャラリーという立地の良さです。
ホテルの建物も他に比べ、そんなに大きくないのが、いいです。
敷地から出るだけでかなり歩かなきゃいけないということもありますからね。

室内はかなり築の古さを感じました。


排水がよくないみたいで、中々水が抜けていかない。
ウチの部屋だけかと思っていたら、フロントで他にも怒っていた人がいたので、建物全体なんでしょう。
眺めも海に向って90度という感じで建っているので、オーシャンビューの部屋は一握り。建物の上の駐車場ばかりが見えるという感じでした。

10月は雨季で、特に私たちが行った時は台風も来ていて、大雨。
それでも傘なんか持たなくても、ザ・プラザはつながっているし、水族館も目の前。
雨季は特にアウトリガーはいいかもしれません。

プールは10時までやっているとのこと。雨が降っていて、夜には行きませんでしたが、ジャングルがテーマで子供は喜んでいました。

タオルはチケットと引き換えに貸してくれます。
併設してあるビーチはボートなどが沢山あって楽しそうなのですが、宿泊していても有料。
ビーチに入ろうとすると、監視している人がいて、お金を請求されます。
私たちは家族4人で50ドルと言われました。
その代わりにこのお金を払えば、シュノーケリング、ボートなどが使い放題です。
高いかどうかは、それをどれだけ使いまくるかってことでしょうか。
みんな、お金が必要とは知らないようで、若いカップルは値段を言われて、あきらめて帰って行った人もいました。
すぐ横がハイアットリージェンシーのビーチで、やはりここも同じようにお金を請求されます。
ちょっと裏技は、海に入るだけならば、アウトリガーとハイアットの中間地点ぐらいにいることでしょうか。
翌日、妻は子供を連れて、そうしてました。
特に境界線というのはないようです。

ところで、アウトリガーホテルを申し込んで宿泊をした私たちですが、チェックインして、部屋についたら、アウトリガーからのお手紙が置いてありました。
その内容は、キャンペーンで、3泊の内の最終日をハイアットリージェンシーか、ウェスティンか、ニッコーに部屋を変えてあげる。その上、夕食と朝食をサービスする。ニッコーならば距離があるので、タクシー代金として、100ドルをあげるというモノでした。
キャンペーンとか書いてあるけど、要するに、部屋をダブルブッキングかなんかして、足らなくなったということなのでしょう。
アウトリガーが気に入って泊まった私たちでしたが、折角の機会ということで、ハイアットリージェンシーに移ることにしました。
そのレポートはまた後日。
マイクロネシアモール【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

ここには1月と10月の旅行の2回ともに行きました。

グアム最大規模のショッピングモールということですが、そこそこ適当な広さです。
ブランド品以外の買い物ができます。
DFSギャラリーは日本人ばかりですが、ここは数少ない現地の人が沢山いるところ。
そういう意味でも貴重かもしれません。
買い物好きならば、かなり楽しめると思います。
フードコートもあり、かなりリーズナブルに食べられます。
意味不明な室内遊園地も違う意味で楽しいです。

タクシーの運転者お勧めの2階にある韓国料理の店に行きましたが、美味しかったですよ。

ひねくれ者家族のウチ的にお勧めなのは、まずは2階にあるクッキー屋さん。
見ただけで日本人ならばウエッ!!となる色合いのクッキーが普通に並んでいます。

そして、1階に併設してあるスーパーマーケット。
ツッコミどころ満載。
なぜ、同じパンなのに、こんなにサイズが違うの?
アイスクリームでかすぎ!
どんだけコーラ売ってるの!
そうやって行くと非常に楽しめます。
普段、スーパーに行っている妻なんかは大喜びで、失礼なぐらいに写真を撮影していたら、店員の人が来て、注意されると思いきや、親切にも「私が撮ってあげましょう」とシャッターを押してくれましたよ。

何にしろ、21時までやってるし、一度は行くべきでしょう。
アトランティスサブマリン【グアム家族旅行 オープショナルツアー】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

本物の潜水艦に乗る機会というのはそうそうあるわけじゃない。
じゃあ、乗ってみるかと申し込んだのが、これ。

アトランティスサブマリン
料金は大人82ドル、子供42ドル。

ホテルに迎えが来てくれて、港の事務所に連れて行かれます。
ここで、色々と説明を聞き、出発。

すぐに潜水艦に乗るのかと思いきや、まずは船で沖に移動。
ここのスタッフはサービス精神旺盛で退屈させないように色んなことをしてくれます。
バルーンアートで犬を作ってくれたり。子供はこんなことで喜ぶんですよね。
私が行った時は、老夫婦の結婚記念日だったようで、ハートを作り、みんなでおめでとうをしました。

さて、沖に出ると、船のすぐ横から、潜水艦がゴボゴボッと浮上してきます。
これが圧巻。
結構、感動的。
そこから降りてくる人がいて、私たちは入れ替わりで乗り込むという段取り。

乗ってしまうと、正直、想像以上のことはありません。
窓から見える、海底の世界は、キレイですし、普通だったらそこまで潜れないところまで潜るので、凄いこととは思いますが、そこにはたいして魚もおらず、全体に暗く、はぁ?という感じになってしまいます。
魚好き、海好きの人には違う感動があるかもしれません。

海に入れる元気がある方は、後日書きます、シーウォーカーの方が、値段はそんなに変らないですが、ずっと感動すると思います。
海に入れないおじいちゃん、おばあちゃん、シーウォーカーができない7歳以下の子供がいる家庭向きということになるのでしょうか。
ウチはその時、下の子が7歳でした。
サム・チョイ【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

グアムの観光の中心地点といえば、やはり、DFSギャラリー。
ツアーで行けば、必ずどこかの段階で連れて行かれる。
この周囲にホテルも密集している。
DFSギャラリーに行くにはバスもあれば、無料のタクシーもある。

このDFSギャラリーの前にくじらが屋上から顔を出している建物。ここにサム・チョイズレストランはある。
多分、ガイドブックにも一番の有名店として、掲載されているかと思う。

ミーハーな私たちはとりあえず行ってみるかと入ってみた。

美味しくもなければ、感じがいいわけでもない。
子供が入った途端にテンションあがるような工夫があるわけでもない。
多分、2回行く人は少ないんじゃないかな。

そんな店です。
遊覧ヘリコプター【グアム家族旅行】
人気blogランキングへ 旅行部門へ ◆このクリックが順位の投票になります!!◆

折角来たのだから、思い出になることしたい。
そう、誰もが思うはず。
家族で海外に行くなんて、普通の家庭ならば、人生に何回もあるわけじゃありません。

オプショナルツアーのガイドブックを見ていたら、いいのがありました。

ヘリコプター遊覧飛行ツアー。

セスナもあるみたいですけど、ヘリコプターの方が乗ることがないでしょうと申し込んでみました。

4人家族だとパック料金があり、10分で180ドルです。

ヘリコプターの遊覧は日本でもありますけど、やはり外国は違います。

お迎えが来て、連れていかれたのは、空港近くの普通の平屋の建物。
まずは事務所で手続きみたいなことをするのかなぁと思ったら、屋根の上に案内されました。
うん?
小さなヘリが屋根の上にある。
まさかなぁ。小さすぎるでしょ。車で言えば、軽ぐらいの大きさしかないじゃないか。

えっ?! これ?



鞄をトランクに入れさせられ、順番に乗せられる。
正直、恐かったので、後に乗りたかったのだけど、写真を撮る人は前じゃなきゃダメと、助手席に。

いい写真撮りたいですよね? みたいなことを訊いてくるので、Yes!なんて適当に答えていたら、ドアをはずしてくれました。
はずすとは、取り外すという意味です。
だから私の右横はすぐ外。それもかなり大きく外。

シートベルトしめて――って、車の後部座席のようなちゃっちいのしかないんですけど。
なんて思っているうちにヘリコプターは羽をまわして、飛び上がってしまいました。

座席は後が妻と下の子。前は運転席にパイロットの外人。真ん中に上の子。助手席に私です。
確かに景色はキレイ。最初は写真を余裕で撮っていたのですが、段々と私側を下にして旋回してきたので、余裕がなくなってきました。
それでもはるか下の泊まっているホテルやビーチをのぞむ景色は、中々味わえるものではありません。
心配性の私はもしポケットから財布がずり落ちても、絶対に拾いにいけないなぁなんて余計なことばかりを考えていました。

プロペラの音が凄くて、話なんかができないので、ヘリコプターの中ではヘッドフォンとマイクで話をします。

パイロットの野郎が定番ネタだと思うのですが、「パパさん、真ん中に寄りすぎです。半分ぐらいお尻を出して座ってください」とか、言いやがる。
「手を出してみろ」とか言うので、出してみたら、凄い風圧だし。

パレスホテルのあたりから、恋人岬まで飛んでいき、戻ってきて、約10分。
短い時間でしたが、凄く貴重な経験ができました。

これはかなりお勧めです。